カナダ、トロント留学の魅力

おすすめのカナダ留学

おすすめカナダ留学【バンクーバー周辺】

おすすめカナダ留学【バンクーバー周辺】 カナダ留学の滞在先で人気があるのがバンクーバーです。
バンクーバーはカナダの西側の玄関口になっていますが、自然と都会が調和していて世界的に住みやすい都市としても常に上位に選ばれています。
カナダの冬は寒いイメージがありますが、バンクーバーは比較的暖かく日本の冬ぐらいの気温なので過ごしやすい環境も人気です。
留学中は語学学校に通うことになりますが、ダウンタウンにはたくさんの語学学校があります。学校によって特色の違いがありますので、出発する前に特に強化したいものがあれば学校の特徴をよくチェックした上で申し込んでおくと到着後にすぐ学校に通うことができます。
バンクーバーは日本人を含めてアジア人留学生が非常に多いため、語学学校によってはクラスメイトのほとんどがアジア人になることもよくあります。
学校によってはクラスメイトの国籍が制限されていることもありますので、少しでも日本人のいない環境作りがしたい場合は国籍制限をしている学校を選ぶのもおすすめです。
ダウンタウンには語学学校以外に魅力的な場所がたくさんあります。ショッピングをするならロブソンストリート、公園でリフレッシュするならスタンレーパーク、この他に美術館や博物館、図書館などもあり学校が終わったら楽しめるスポットが目白押しです。

カナダ、トロント留学の魅力

カナダ、トロント留学の魅力 カナダに留学する人がまず思いつくのはバンクーバーではないでしょうか。
でも、カナダにはもう一つトロントという大都市があり、経済の中心地で人口はカナダの中では一番多いため、こちらも留学先として人気が高くなっています。
人口が多いということは、それだけいろいろな人種がいるということで、留学生も世界各国から来ているので交流ができます。学校の数が多いというのも魅力です。
車で2時間ほど行くと有名なナイヤガラの滝がありますし、トロントのランドマーク的存在のCNタワーなど、観光スポットは数多くあります。世界各国の料理を食べることができるレストランがあるのも魅力です。
交通手段は地下鉄やバス、ストリートカーなどがあり、移動手段には事欠きません。
カナダは留学先の都市によって、気候や自然環境など、いろいろと雰囲気が異なり、それぞれに魅力があります。日本人が多く住んでいる都市では、日本語を使ってしまいそうと思う人は、母国語禁止の学校を選ぶこともできます。
また、バンクーバーとトロントなど、2都市に滞在できるというプランもあるので、両方を体験してみたい人、迷っていてどちらにしたらいいか決められないという人におすすめです。

海外留学には年齢制限はない!やる気があればOK!

海外留学をするためには大学生が非常に多いのですが、大学生だけではなくて小学生でも海外留学をする人もいます。そのため、海外留学をするための条件をしては年齢は一切関係なく、関係あるのは学校側が許可を出すかどうかです。
学校側が許可を出すとお金が必要なだけで誰でも海外へ行って勉強をすることが可能です。学生時代には海外で言って勉強することが出来なかった社会人でも社会人になってから海外留学をする人も沢山いますが、社会人の場合には会社を長期間休んで行くことになるため、会社側の許可をもらうことが非常に難しいでしょう。
会社側が認めない場合には諦める人が沢山いますが、稀に会社を退職して海外へ勉強を目的として行く人もいます。
社会人が海外へ行く場合には学生とは目的が異なり、学業のためではなくて社会経験の一環として向かいます。
海外での生活を経験することで帰国後の仕事の幅が広がり、収入を上げることが出来ると言うメリットがあります。

事前に知っておきたい留学で起こりやすいトラブル

勉強や海外で生活してみたいなど様々な理由で留学する人も多いですが、海外に行く前によく起こりやすいトラブルを知っておくことが大切です。事前に知っておくことで、いざという時に対処しやすくなります。
特に多いのが金銭関係の問題です。留学先にもよりますが、スリや盗難などが頻発しているケースも多いため注意します。被害を受けるとお金が戻ってくることはなく、クレジットカードを勝手に使われてしまうこともあります。
このような被害に遭わないためには、荷物は肌身離さず持っておくことが重要です。リュックではなくできるだけボディバッグなど前に持ちやすいバッグを選びます。大金を持ち歩かないようにして、クレジットカードを紛失した場合にはすぐにカード会社に連絡します。
犯罪に巻き込まれるケースもあるため注意が必要です。知らない間に麻薬を運ばされていた、ということもあるため知らない人にはついていかない、危険エリアには近づかない、人気がないところは歩かないなどを心がけます。

留学することにはデメリットもあったりします

留学は一般的には良いこととされており、行きたいと思っていても種々の理由により諦めざるを得ないことが多いかもしれませんが、メリットばかりではなくデメリットもありますので、安易に留学を決めるようなことは禁物です。
何でもそうですが、目的がはっきりしていなければ時間とお金の無駄になってしまうことが考えられます。目的の一つは語学力を身に付けることが多いと思われ、日本国内にいるのとは大いに環境が違いますのでそれなりの心構えがあれば十分に力が付くはずですが、当然ながらその環境を活かすのは自分自身ですので、ただ留学しさえすれば身に付けられるというものではありません。
また、授業についても当然ながら英語を始めとする外国語で行われることになりますので、各科目の知識などに加えて語学力は学問の上でも必須になります。
つまり、語学ができないために全ての点で留学の意味が薄れてしまうこともありますので注意しなければなりません。

海外留学生の間で人気の日本の地域について

日本では、2000年以降はグローバル教育を積極的に実施をしています。毎年約400万人以上もの方が諸外国に留学をしていますが、それと同時の多くの海外留学生を受け入れるようにもなりました。
特に大学では専門的な学問を身に付けるための留学生向けカリキュラムも用意をされているほどです。ここでは簡単に、海外留学生の間で人気となっている日本の地域を見ていきましょう。その地域とは、京都です。
京都市内には著名な国立から私立大学もあり、国内有数の学生街と呼ばれています。2020年に文部科学省が調査をしたところ、約20万人以上も海外の学生が存在していることがわかりました。この数は全国屈指であり、さまざまな学問を学ばれています。
京都では独自の奨学金も用意をされていて、卒業後は府内の企業に一定期間勤務をすることを条件にした受け入れをなされているほどです。
この奨学金も多くの方の人気を得る要因となっていることが伺えます。

留学で成長したいなら現地に溶け込んでみよう

留学を行うことで、様々な点で成長することができます。たとえば、違う文化の中に置かれることで、ほかの文化を尊重することができるようになりますし、習慣を理解するための能力を身に着けることができます。
幅広い人たちを理解し、世界には様々な方が存在しているということを理解することで人間として大きくなることができるでしょう。
留学を行えば、言葉の面でも成長を行うことができます。最初は多言語を理解することができなくても、現地に溶け込むことで徐々に言葉を覚えることが可能になり、次第に自由にしゃべることが可能になってきます。
言葉を習うために留学を行った人も、満足できる結果を期待することが可能です。
このように、いろいろな点で大きくなることができますが、そのためにも現地の人たちの中に積極的に飛び込む必要も出てきます。
現地の人たちに飛び込むことで文化を理解できますし、言葉も自由にしゃべれるようになるからです。まずは、溶け込む努力を行ってみましょう。

おすすめのカナダ留学サイト

カナダで休学留学をする

新着情報

◎2022/5/9

情報を更新しました。
>海外留学には年齢制限はない!やる気があればOK!
>事前に知っておきたい留学で起こりやすいトラブル
>留学することにはデメリットもあったりします
>海外留学生の間で人気の日本の地域について
>留学で成長したいなら現地に溶け込んでみよう

◎2017/11/27

交換留学とはどんな制度?
の情報を更新しました。

◎2017/9/20

留学でカナダを選ぶ人の特徴
の情報を更新しました。

◎2017/7/26

留学の特徴とメリット
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

必要な準備:留学ビザ編
の情報を更新しました。

◎2017/3/1

留学で能力を鍛える
の情報を更新しました。

「留学 カナダ」
に関連するツイート
Twitter

カナダ留学中の娘ティアラからカラオケでキンプリちゃんメドレー歌ってる動画が。 学校の友達とichibanやツキヨミのダンスめちゃハマってて国籍問わず仲良く盛り上がれるってー!キンプリちゃんのおかげ!ありがとう!!🥹💕

返信先:なるべく理想は下げてきたつもりだったんですけど😅😂 ちょっとカナダに来たパターンがいわゆる普通の語学留学とは違かったのでちょっと今苦戦中です笑、、

人気翻訳家でエッセイスト・村井理子さんロングインタビュー(前編)! ✅ハイカラな喫茶店で育った幼少期 ✅ファンクラブに入るほど愛していた天龍源一郎 ✅カナダ留学の強烈なホームシックとその反動 ✅ブッシュへの執着が初の翻訳本へ

返信先:ワシの彼女も大学卒業後にカナダ留学してたことがあって英語話せるよ😊👍

留学に来ているそこのあなた。Uber配達員になるならリンクから登録してみてね。 #留学#カナダ#トロント#バンクーバー